AGA治療と栄養に関して

AGAの治療には栄養も関係している?このような内容をどこかで見た記憶があります。

しかし、実際のところはどうなんでしょう。。。

世間一般的なイメージでは、薄毛や脱毛症なんて遺伝やストレスがほとんどだと思っている方が多いと思いますので、ここでは気になるAGA治療と栄養の関係性についてご紹介します。

栄養バランスや食生活のい改善で少しでも薄毛や抜け毛が改善するならば、ぜひ実践してみたいですよね?

気になる栄養と、逆に摂取すると危険?な食べ物も含めてまとめていきますので、ご参照ください。

そもそも髪の毛と栄養は関係ある?

まず、初めに気になる部分としては、髪の毛が抜けたり薄くなったりするのは栄養が関係しているのか?というところです。

いろいろと情報を調べてみた結果としては、関係なくはない!!という事です。

食べ物と言ってもさまざまですが、ビタミンを含んでいる食材に関しては、頭皮細胞を活性化させたり、タンパク質やミネラルは髪の毛に欠かせない成分の「ケラチン」に影響します。

また、亜鉛もケラチンには欠かせない成分の1つで、髪の毛の促進や健康なヘアーを保つには必要とされているのです。

なので、これらの成分をしっかりと含んでいる食生活を継続することが大切だと言えるのですね。皆さんもまずはこれらを意識しましょう。

こんな食べ物がおすすめ

上記でご説明させて頂いた通り、少なからず食生活は関わってきます。有効、おすすめな食事を紹介してみたいと思います。

大豆、アーモンド、ピーナッツ、わかめ、鶏肉、ピーマン、レバー、ニンジン、鮭、イチゴ、パイナップル、とうがらし…etc

こんな食べ物は控えよう

まずはじめに、食べ物ではありませんが、お酒の飲み過ぎには注意が必要です。髪の毛にはアミノ酸が必要ですが、お酒を飲み過ぎてしまうと大切なアミノ酸がアルコール分解に使用されてしまい、結果的に男性型脱毛症へとつながってしまうのです。アルコールは程よく、適量を飲んで楽しむのが良いですね♪

また、効果カロリーの食べ物や糖分が多い食事は控えましょう。糖分の多い食べ物は頭皮の環境を悪い方向にもっていってしまいますし、効果カロリーな食べ物は基本的に体によくはありません。もちろん、髪の毛にも言える事で、頭皮へ行きわたる血管が詰まってしまい髪の毛へ栄養が行かなくなってしまうのです。

普段なにげなく食べている食事ですが、しっかりと栄養バランスを意識しておくことが大切と言えるでしょう。

最後に

AGA(男性型脱毛症)と栄養バランスについて理解いただけましたでしょうか?

もちろん、専門クリニックでの治療やAGA治療薬を服用しての治療方法など、改善策は様々ですが、普段の食生活や生活習慣を見直さなければ治るものも治りません。

1つ1つ意識して改善するようにしましょう!!

ページの先頭へ