AGAの原因を知って対策を立てよう

AGAは年齢問わずに発症する脱毛症の1つで、早い方で10代、20代から薄毛や脱毛症の症状が現れるのが特徴です。進行型の脱毛症として多くの男性が悩んでいます。このページではAGAに関する根本的な原因や対策方法をまとめていますので、参考にしてみてください。

AGAの原因って??

AGAと言ってもいろんな原因が考えられます。

よく耳にするのは遺伝が関係しているのではないか?という部分だろう。もちろん、遺伝も関わってくるが、改めてAGAの原因について認識しておく必要があります。

まず、AGAの主な原因としては、「遺伝」「男性ホルモン」「生活習慣・生活環境」があるとされています。一番の原因として考えられるのが、男性ホルモンの1つであるジヒドロテストステロンです。これは、男性ホルモンであるテストステロンに5αリダクターゼと呼ばれている酵素が交わることにより男性ホルモンが変換されると認識しておけばよいでしょう。そして、DHTが男性型脱毛症、いわゆるAGAの原因となっているのです。

もちろん、男性ホルモンが主な原因となりますが、男性ホルモンにかかわってくる生活習慣などが付随して原因の1つとなりますので、不規則な方は見直しが必要でしょう。

AGAを対策するには??

対策方法はさまざまです。やはり一番無難なところで言いますと、AGA治療を専門で行っているクリニックへ行って専門医師に相談することでしょう。

ただ、若い年代からハゲてしまうと、なかなか恥ずかしくて病院に行きにくかったり、相談相手もいなくて困ってしまう方が多いようです。

そこで、まずは実践してほしい対策方法としては、生活習慣の見直しと改善です。不規則な生活習慣や偏った食生活、喫煙、極度のアルコール摂取などはAGAにかかわらず、さまざまな病気の原因となります。

まずは、ご自身の生活を見直すことを意識しましょう。

生活習慣の見直しや改善ができたら、AGA治療薬や発毛剤などを試したり、育毛促進用のサプリメントなどを試してみるのも良いです。

原因と対策まとめ

<原因>

  • 男性ホルモンの関係
  • 遺伝子の関係
  • 生活習慣・食生活の関係

<対策>

  • 生活習慣の見直しと改善
  • AGA治療の専門クリニックで診断
  • AGA治療薬で自宅治療

以上が、原因と対策についてでしたが、いかがでしたでしょうか?

若い年代から薄毛の治療は恥ずかしさもあると思いますが、まずは気づけることが大切です。

AGA(男性型脱毛症)は進行型ですので、放置しているとどんどんハゲてしまいます。しっかりと対策や治療をしておきましょう。

専門のクリニックやAGA診断項目など、当サイトではAGA治療のタメになる内容をご紹介しているので、参考にしてみてください。

ページの先頭へ