AGA(男性型脱毛症)と遺伝子の関係は?

AGAと遺伝子はどのような関りがあるのか?実際のところ気になる部分がありますよね?

このページでは、AGAと遺伝子、また、治療クリニックで行っている遺伝子検査についてまとめていきますので、ぜひ、参考にしてみてください。

薄毛や脱毛症は遺伝する?

薄毛や抜け毛について、実際のところは遺伝が関係していると言われています。

男性型脱毛症にはテストステロンと呼ばれている男性ホルモンが関わっているのですが、遺伝によって男性ホルモンにも少なからず影響があるからです。

家系に薄毛の人がいる人といない人で行った実験でも立証されているようです。詳しくは専門クリニックなどでお話を聞いてみると良いでしょう。

専門クリニックで対応している遺伝子検査とは?

では、実際に遺伝子が関係しているとわかったところで、クリニックではなにをしてくれるのか?

ここが気になるところです。

AGAの遺伝子検査をするメリットとしては、主に以下の2つがあげられます。

  • 現状の薄毛の原因が男性型脱毛症によるものかを診断する。
  • フィナステリド成分の感受性を確かめる。

この遺伝子検査をすることによって、AGAが原因で薄毛が進行しているのかがわかります。

これは、重要な事です。自分の薄毛の原因を把握する事によって正しい治療方法が見つかりますし、検査そのものもそこまで時間がかかりません。結果が出るまでにはおおよそ一か月程度とされていますので、検査結果をみて医師に相談しながら治療を進めていくのが良いでしょう。

薄毛の遺伝子はどうやって調べる?

遺伝子の検査はクリニックでできるのはもちろんですが、検査キットでも可能です。

口内粘膜を採取したり、血液検査など、費用はクリニックや検査内容でことなりますが、薄毛で悩んでいるのであればやっておくべきと言えるでしょう。

検査結果を見てそのままクリニックで治療を始めるのも良いですが、コストがかかってきますので、AGA治療薬で改善を試みる方も多いです。

クリニックと治療薬、どちらの治療方法が良いかは人それぞれですので、しっかりと検討することをオススメします。

遺伝子検査のまとめ

AGAと遺伝子には大きな関わることがわかりましたね。

まずは、自分が遺伝によってAGAを発症しているのか?本当にAGAが原因で毛髪が薄くなっているのか?

この辺りをちゃんと理解してから治療を始めよう。

AGA治療は諦めないことが大切です。遺伝子検査により、遺伝子が原因だとしてもしっかりと治療を行えば改善の目途はあります。10代、20代の男性は将来的な部分も考えて相談したり治療に向けて頑張りましょう。

ページの先頭へ