個人輸入って?

皆さんは個人輸入をご存知でしょうか?

個人輸入とは特別にこれといった定義のようなものはないのですが、言うならば海外の小売店・メーカー・ネット販売業者などから自分1人(個人)で使用する目的として海外の製品を購入するような事です。定義がないため、難しい部分ではありますが、人によっては海外に行ったときに現地のお店で商品を購入して、日本へ郵送する事も個人輸入と言えるのでしょうね。

主に「国際郵便」「国際宅配便」「航空便」「船便」などで輸入する方法がありますので、参考まで覚えていおきましょう

個人輸入のメリット

個人輸入のメリットとしては、単純に海外の製品が欲しい時に購入できるという事や、日本では認知されていなくて価格が高い商品でも海外で購入すれば安く買える商品などが、個人でも手に入るといったところでしょう。実際に、海外から製品を安く仕入れて日本で売っている人もいるので、お得なのは間違いないでしょうね。ただし、薬には薬事法があるように、日本の法律の元個人輸入する必要がありますので、そこだけは注意しておきましょう。

個人輸入のデメリット

デメリットに関しては単純に輸入禁止物があったり、規制されている商品があったりと日本では使用禁止な部分もあると思うので、事前に調べておきましょう。

また、アパレルや日用雑貨を個人で輸入した時には、購入先と直接やりとりしたり、なにか問題が起きた時に自分で解決する必要があるという事ですね。日本人はクレームが多いイメージがありますので、そのあたりも妥協したり、ある程度は大目に見て購入する必要があります。

個人輸入のまとめ

個人輸入のメリットやデメリットを簡単にまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

海外からの購入に慣れている方であれば、特別問題視する必要もないかと思いますが、初めて購入する方は海外からというだけで、多少なり不安な部分もあると思います。

AGA治療薬も個人輸入して安い価格で買う事はできますが、薬事法の規定に沿う必要がありますので、そこは十分に気を付けましょう。

もし、個人で調べたり購入したりするのが不安であれば、個人輸入する際に専門の代行サービスを利用して購入することをオススメします。

代行サービスを使用すれば会員登録しておくだけで、商品が注文出来たり、トラブルに対応してくれる業者もあります。

ただし、怪しいネット販売業者も多く存在していますので、購入先や代行業者の選定は必要になってくるでしょう。これらの事を踏まえて皆さんは個人輸入で購入したいと思いますか?購入する前には当ページを参照し、これ以上に個人輸入に詳しくなった上で試されることをオススメ致します。

ページの先頭へ