AGA診断項目

AGA(男性型脱毛症)にはいくつかの診断項目があります。事前に頭皮に異常を感じていたり、すでに髪の毛が薄くなっていたり、脱毛症の方は、下記にまとめている診断項目に当ハマる節があるのではないでしょうか?

早々にクリニックに行って診断してもらうのも1つの手ですが、事前にセルフチェックして自分がAGAに該当しているのかを判断してみるのも良いかもしれません。

1つでも当てハマるのであれば、アナタはAGAの可能性が…ありますので、クリニックで詳しい診断を受けるか、AGA治療薬を服用して改善を試みてみましょう。

ぜひ、こちらの情報やセルフチェック項目を参考にしていただければと思います。

診断項目チェック

・ストレスを感じている
ストレスを感じて睡眠時間が足りなくなったり、食欲がなくなったりしていませんか?
・昔よりも抜け毛の量が増えている
髪の毛にはヘアサイクルがありますが、このサイクルが短くなると抜け毛が増えていきます
・家系に薄毛やハゲている人がいる
AGAの原因の1つとしてホルモンの関係や遺伝子の関係がありますので、確認しましょう。
・不規則な生活や睡眠不足
薄毛や脱毛症を改善するには睡眠も必要です。ホルモンバランスを調整する22:00~2:00前後は寝ましょう。
・髪の毛の減りを感じている。
AGAは進行型の脱毛症ですので、徐々に抜け毛が増えていきます。急激な薄毛はAGAではないかもしれません。
・明らかに頭頂部・前頭部の髪が薄くなっている
男性型脱毛症の特徴として、頭頂部や前頭部から髪の毛が少なくなっていく傾向がありまうすので、注意が必要です。
・ヘアアレンジがしづらくなった
AGAの進行が進んでいくと、髪の毛1本1本が細くなり、ハリなどがなくなってきます。ワックスを付けてもいつもと違う感じがしたら危険です。
・思春期を目途に薄毛が目立ってきた
10代の思春期からAGAの進行は始まります。男性ホルモンが強いと思春期に活発になり、薄毛を進行させているかもしれません。

診断項目の最後に

さて、皆さんは診断項目に該当している部分がありましたでしょうか?

正直、上記の項目の1つでも当てはまる方は、AGA(男性型脱毛症)に該当している可能性があります。

早い段階で治療するには、早期発見が必要ですので、気になる方は早々にクリニックで診断を受けるか、AGA治療薬を試してみるのが良いでしょう。

男性型脱毛症は進行型です。すぐに目でわかるような進行はありませんが、気づいたら髪の毛がなくなっていた。。。なんてことにならないように十分に注意しましょう。

ページの先頭へ